第14回100日展 「作品テーマ」

作品テーマ: 『食べる!飲む! 〜腹が減っては写真も撮れない〜』 
食べ物(飲み物)に関するモノがちょっとでも写っていればOKです。
※タネ、成長途中、食べてる途中、調理中、生きてる時期(?)、食器、調理道具などもOK

【作品の規定】
・サイズとかに関してはこちら

【出展ができない作品】
・暴力、猥褻な写真
・ソフトウエアによる過度な修正
・合成、コラージュ、イラスト
・肖像権、著作権に触れるもの
(肖像権・著作権に関しましては100日展では一切責任を負いません)

ご質問はこちらからお願いします。

ランキング参加中。
にほんブログ村 写真ブログ 写真イベント・写真展へ
↑クリックお願いします!

観る人のままでいてください。

mixiコミュが100人越えました。
ありがとうございます!!!

本番が近くなると、
出展者の皆さんもから様々な相談を頂戴します。

私が言えることは
「観る人のままでいてください」ということです。

それが
100日展を愉しむ方法です!

撮る人って、観る人ですよね?
シャッター切る時に観てますよね、何かを。

でも、いざ出展となると、
自分が観る人でもあることを忘れて
観る人と向かい合ってしまいます。

100日展では
「観る人のままでいてください」

だから
昨日の来場者が、明日の出展者になってくれて、
「撮る人」が「観る人」を実感できて、
「観た人」が「撮る人」になれるんです。

そうそう
100日後の自分に贈る出展者の方も多いですね。

まるで
観に来た人のように・・・。

写真の技術、知識、経験は全く問わない

「初心者なのですが・・・、カメラの事は詳しくなんですが・・・」と
ご質問を頂くことがありますが全く問題ありません!!!!

100日展は、
これから写真を始めたいとか、グループ展に興味ある人とか
写真仲間を探しているとか・・・・
そんな、あなたに参加して頂きたい写真展です!
人生最初の写真展にして頂ければと思っています。

最初のオフ会は、会うまでチョット緊張するかもしれませんが
他のメンバーも同じ経験をしていますので、あたたかく迎えてくれます。
(↑こういう事は重要視しているつもりです)

メンバーにはカメラに詳しい人もいますし、
自分と同じカメラの趣味の人もいて
刺激しあってモチベーションもあがります。
(カメラの台数が増えるかもしれませんが・・・笑)

そして何より、
その日出会った見知らぬ誰かの「想い出の一枚」になる
そこに喜びが感じられ、ワクワク出来れば大丈夫です!

*100日展においては、という意味で
明確に否定させて頂いた物事もあります。

実現しえない【思想】と
決断を妨げ、無責任な【発言】
そして身勝手な個人プレーです。

【思想】と【発言】だけではシャッターも切れなですからね;笑

きっかけはチョットした心地よさ

僕が写真展を開催したら、
または親しい仲間うちでのグループ展でもいい。

何人の人が何日間(何時間?)僕の作品を覚えているだろうか?

次回開催する時、何人の人が僕の作品を思い出して
足を運んでくれるだろうか?

重ねる度にその期待に応え続けられるのだろうか?

じゃぁ・・・今は無理だとして
あと何枚撮ればそうなるのだろうか?

————————————————–

僕は100日前に見た友人の写真を思い出せなかったんです。
と、言うか日常から忘れられていました。

偶然もう一度見る機会があって・・・
やっぱり好きな写真でした。

その瞬間のフラッシュバックが心地よかったんです。

このフラッシュバックを
気軽に、面白く、そしてわかりやすく
表現したかったんです。

一人でも多くの人に、
小さくてもいいので。

写真を通して
万人を感動させるのは無理だけど、
多くの人がチョットだけ嬉しくなるきっかけなら
創れるかもしれないと思いました。

それで、2006年の夏。
10人ほどにメッセを送りました。

「あのさぁ・・・今度ねぇ」